FC2ブログ
 

■上原多香子さん、TAKAHIROさん、峯岸みなみさんらが肝炎イベントに参加

平成27年7月23日、上原多香子さん、TAKAHIROさん、峯岸みなみさんらが採血検査を体験したとの記事がありました。

B型肝炎に感染する経路は色々ありますが、昭和23年から昭和63年までに行われた集団予防接種において、注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染することがありました。
満7歳までにB型肝炎ウイルスに感染すると持続感染化し、原則として一生ウイルスが体の中に入った状態で生活するしかありません。昭和16年~昭和63年生まれの方は、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスが持続感染化している可能性がありまます。

採血検査の結果、①6か月以上の間隔をあけた連続した2時点において、HBs抗原陽性又はHBV-DNA陽性又はHBe抗原陽性であるか、②1時点でもHBc抗体陽性(高力価)であると、その方はB型肝炎ウイルスに持続感染していることになります。
その場合、現在、症状がない無症候性キャリアの場合でも、その後、慢性肝炎肝硬変肝がんと進行し、死に至ることもあります。

国内のB型肝炎ウイルスの持続感染者は、110~140万人存在すると推計されており、このうち、集団予防接種等により持続感染した方は40万人以上といわれています。

集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染した患者に対し、国が給付金を支払う制度があります。
病態(病気の種類)に応じて給付金の額は異なりますが、最大で3600万円支払われます(弁護士費用も一部国が肩代わりします)。
B型肝炎訴訟という訴訟を起こして国と和解しないと給付金を受け取れない仕組みになっています。
しかし、B型肝炎訴訟は、専門的で知識がないと難しい訴訟です(この記事に出てくる用語の違いが理解できない場合、専門家に任せることをお勧めします)。

私は、訟務検事時代、国の担当者として多くの訴訟に関与しました。
B型肝炎になると差別されたりして大変ご苦労をなさっている姿もたくさんみました。
そこで、現在は、弁護士として、そのような方々に正当に給付金が支払われるような取組を行っています。
関心を持たれた方は、B型肝炎訴訟相談室までお問い合わせください。

※ なお、給付金はB型肝炎が原因で亡くなった方の相続人の方も受け取れます。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
弁護士 木村智博のブログへようこそ!!

弁護士 木村智博

Author:弁護士 木村智博
【コンセプト】
 埼玉県さいたま市浦和区の弁護士木村智博が、B型肝炎訴訟、消費者保護法その他の法律問題及び個人的な趣味などを発信するブログ。

【経歴】
2008 弁護士登録
2012 消費者庁表示対策課
(課長補佐)
2013 東京法務局訟務部付
(訟務検事)
2015 木村・東谷法律事務所

目 次
最新記事
バックナンバー
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム